Tamadonのブログ

主にプログラムの事とか、デジタルガジェットの事とか、たまにゲームの事とか書きます。

株式会社ジモティーに入社した

私事ですが、約5年間エンジニアとしてカスタマーサービス・パッケージプロダクトの開発を担当していたシステム会社を昨年末に退職して、 3月から株式会社ジモティーという、クラシファイドサイトを運営している会社に入社しました。

ジモティー 無料の広告掲示板

転職した理由

はてなブックマークが大好きで毎日色々なエントリを読み続けた結果、Rubyへの興味と意識が高まりすぎて『一度きりの人生だし、やりたい事やって過ごしたいよね』という気持ちが抑えきれず転職を決意しました。

この動画も50回位は見ました。とても良い動画です。

転職理由について要約すると、もっとコードが書きたかった。Rubyでご飯が食べれるようになりたかった。

しばらく働いての感想

コードレビューが義務化されていて良い

ジモティーでは、本番にデプロイする前にGitLabによるコードレビューが必ず入ります。

GitLabとは、GitHubのようなサービスを社内等のクローズドな環境に構築できるオープンソースのプロダクトです。

コードレビューがあると嬉しい事の一つは知識の共有化というか、「Aという機能を実装する為にどういう修正を加えたか?」という事を実装者とレビュアーが知っている点だと思っています。

大規模なシステムになると、小さな変更でも既存の処理に影響を与えてしまう事はあって、一人で修正して「これで良いんだっけ?」と不安になりながらリリース後問題発生みたいな事があるので、コードレビューがある事で心理的不安は結構解消されるなぁと思っています。

ユーザーに価値をダイレクトに届けられるのが良い

コンシューマ向けサービスの開発は初なのですが、これは中々にエキサイティングだと感じています。

私達が「この機能はユーザーさんの為になるだろう」と考えた機能が全然使われなかったり、逆に思いつきで30分程度で実装した処理が数値の改善にすごい貢献したりと中々思い通りに行かないながらも刺激的な毎日です。

最後に

他にも、『毎日コーディングについて議論できるのが楽しい』とか『Macで開発できて嬉しい』とか『AWSバリバリ触れて嬉しい』とか『数字を意識するクセが付いた』とか『会社のある恵比寿は飯が美味くて3キロ太った』とか色々ありますが一旦この辺で。

また、転職時にエージェントを利用したのですがその話は別エントリにて書きたいと思います。

毎日勉強の日々ですが、これからも頑張ります。