読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tamadonのブログ

主にプログラムの事とか、デジタルガジェットの事とか、たまにゲームの事とか書きます。

株式会社ジモティーに入社した

私事ですが、約5年間エンジニアとしてカスタマーサービス・パッケージプロダクトの開発を担当していたシステム会社を昨年末に退職して、 3月から株式会社ジモティーという、クラシファイドサイトを運営している会社に入社しました。

ジモティー 無料の広告掲示板

転職した理由

はてなブックマークが大好きで毎日色々なエントリを読み続けた結果、Rubyへの興味と意識が高まりすぎて『一度きりの人生だし、やりたい事やって過ごしたいよね』という気持ちが抑えきれず転職を決意しました。

この動画も50回位は見ました。とても良い動画です。

転職理由について要約すると、もっとコードが書きたかった。Rubyでご飯が食べれるようになりたかった。

しばらく働いての感想

コードレビューが義務化されていて良い

ジモティーでは、本番にデプロイする前にGitLabによるコードレビューが必ず入ります。

GitLabとは、GitHubのようなサービスを社内等のクローズドな環境に構築できるオープンソースのプロダクトです。

コードレビューがあると嬉しい事の一つは知識の共有化というか、「Aという機能を実装する為にどういう修正を加えたか?」という事を実装者とレビュアーが知っている点だと思っています。

大規模なシステムになると、小さな変更でも既存の処理に影響を与えてしまう事はあって、一人で修正して「これで良いんだっけ?」と不安になりながらリリース後問題発生みたいな事があるので、コードレビューがある事で心理的不安は結構解消されるなぁと思っています。

ユーザーに価値をダイレクトに届けられるのが良い

コンシューマ向けサービスの開発は初なのですが、これは中々にエキサイティングだと感じています。

私達が「この機能はユーザーさんの為になるだろう」と考えた機能が全然使われなかったり、逆に思いつきで30分程度で実装した処理が数値の改善にすごい貢献したりと中々思い通りに行かないながらも刺激的な毎日です。

最後に

他にも、『毎日コーディングについて議論できるのが楽しい』とか『Macで開発できて嬉しい』とか『AWSバリバリ触れて嬉しい』とか『数字を意識するクセが付いた』とか『会社のある恵比寿は飯が美味くて3キロ太った』とか色々ありますが一旦この辺で。

また、転職時にエージェントを利用したのですがその話は別エントリにて書きたいと思います。

毎日勉強の日々ですが、これからも頑張ります。

【Mac】ターミナル起動時に『pointer being freed was not allocated』と出た時の対処法

今日もRubyと戯れようと思い、自宅のMacでiTerm2を起動した所タイトルのエラーが表示されてターミナルでの操作が一切出来なくなってしまいました。

 

Mac標準のターミナル.Appでも同様です。

 

具体的には下記のメッセージです。

2014/02/11 12:38:40.149 login[1531]: login(1531,0x7fff77f96310) malloc: *** error for object 0x7f8012d00670:pointer being freed was not allocated *** set a breakpoint in malloc_error_break to debug

 

昨日、Railsのバージョンアップ等を行った際にシェルの切替等を行っていたのでそれが原因かと思いましたが、そもそもターミナル起動しないからシェルの設定変更できないしこれはOS再インストールしかないかなと思い諦めつつ、ダメ元で毎月1回の頻度で行っているディスクのアクセス権修復を行った所、無事復帰しました。

 

そういえばRailsのバージョンアップ時に/usrのアクセス権を変更したような気がします。

その時は問題なく動作していたので気づきませんでしたが、アクセス権変更後にiTerm2を再起動していたら気づいていたかもしれません。

 

何にせよ、OS再インストールしなくて良くなりホッとしています。

 

MacBIOSレベルでこういった復旧方法を提供しているのが素晴らしいと思いました。

今まで使ってきたWindowsLinuxだったら、この状態になったらOS再インストールしかないと思います。

schoo(スクー)で授業を受けてみた

はじめに

schoo(スクー)WEB-campusというWebサービスをご存知でしょうか。

簡単に説明すると、Web上で授業を受けれるサービスです。

Web上で授業を受けれるというと下記のようなサービスが有名ですね。

 

3分動画でマスターする初心者向けプログラミング学習サイト - ドットインストール

manavee

Apple - iTunes U - いつでも、どこでも、なんでも学ぼう

 

これらのサービスと大きく異なるのは、生放送の授業を受講できるという点だと思います。

昨日(2013/01/27)このサービスを利用して授業を受講したのでその感想を書きたいと思います。

 

続きを読む

【ALMinium】Amazon EC2のインスタンス上にALMiniumを構築してみる

自宅プロジェクト管理用にRedmineが欲しいなぁと思っていたのですが、どうせならGitやJenkinsも使いたいけど別々に入れるのは面倒だなぁと思いモヤモヤしていました。

 少し調べたら今はALMiniumという便利なものがあるのを知ってこれを構築してみることにしました。

この前AWSのアカウントを作成したので、Amazon EC2上のインスタンスに構築してみる事にします。

続きを読む

【Flash Builder4.6】Doltengプロジェクトの作成を行うときmaven local repository directory is not foundと出た場合

この前仕事で早速ハマったのでメモ。
Doltengプロジェクト作成時に下記エラーが発生した場合。
f:id:tamadon3776:20120721101931p:image

Doltengのバグっぽいのですが、『Doltengオフライン依存用ライブラリ』
というのをインストールする事で解決できました。

インストール方法(2012/07/21現在)
下記操作でDoltengオフライン依存用ライブラリをインストール
f:id:tamadon3776:20120721101930p:image

f:id:tamadon3776:20120721101928p:image

f:id:tamadon3776:20120721101927p:image

インストールすると、設定→Dolteng→『Download resources from online』
のチェックが外せるようになるので、チェックを外す事で無事Doltengプロジェクトが
作れるようになりました。
f:id:tamadon3776:20120721101926p:image

技術系ブログはじめます

はじめまして、tamadon3776と申します。
現在、パッケージソフトウェア開発会社でWeb系開発(ActionScript3、Java)を行っております。

また、個人的にRubyに興味があり独学で勉強中です。

このブログでは、開発していてハマった点やHowToなどを掲載して、
開発者の皆様のお役に少しでも立てればと思っています。

ブログを書くのは自分のためと小飼 弾さんも仰っていますし、未来の自分への備忘録でもあります。

また、情熱プログラマという本を読んで、えらく感銘を受けました。

尊重されたいすべてのソフトウェアエンジニアへというエントリもとても参考になりました。

やはり、プログラマを一生の仕事にするためには技術書を読んだり勉強会に参加したりだけではなく、技術系ブログを書いたり、GitHubに自分のコードを公開しなければいけないな、と。

最近勉強会に参加して特に嬉しかったのは、先日参加したプログラマーズカフェ ナイトでAWSの片山 暁雄さんが、Emacsを使ったりGitのコマンドを打ち込んでいたのを見た時です。

自分の周囲にはEmacsやGitに興味を持っている人が居ないため、自分が興味を持って勉強しているシステムを実際に使っている場面を見れたことは涙が出そうなほど嬉しかったです。

それではよろしくお願いします。